ディスコンとは

HOME  >  ディスコンとは

競技の特徴 基本理念

ディスコンって、どんなスポーツ?

赤と青の2チームに分かれて、1チーム6枚の円盤を投げ、どちらがポイントに近づいているかを競う簡単なスポーツですから、初めての方でもベテランと対等に競技を楽しむことができます。

  • 軽量・安価・コンパクトなので、常備携行でき、すぐに活用できます。 総重量(1試合分)950g
  • 年齢・性別を問わず、ハンディー無しで楽しめます。
  • 個人戦でも、団体戦でも楽しめます。 1人対1人の個人戦から、6人対6人の団体戦まで競技できます。
  • 屋内外を問わず、どこでもすぐに楽しめます。 3畳間以上のスペースがあれば楽しめます。
  • 安全で公害のない、地球にやさしいニュースポーツです。
    • 子ども会、青少年団体、町内会、高齢者学級等のレクリェーションに。
    • 勉学、勤務、会議等の気分転換に。
    • 親睦や仲間づくりに。
    • 健康や体力づくりに。リハビリにも最適です。
    • 人生に感動を呼び起こし、団体の活性化に。

ディスコンのご案内 (PDF)

ディスコンの由来

ディスコン

杉やヒノキの間伐材を輪切りにしたクラフト用のコースターをヒントに1997年(平成9年)に岡山市立少年自然の家で発想された、日本生まれのニュースポーツです。

円盤(ディスク)を、操作(コントロール)することからディスク・コントロールを合成して「ディスコン」と命名されました。

競技の様子

試合開始の挨拶
採点

競技人数と投盤数

競技にはディスク12枚とポイント1枚が必要です。

2チームで競いますので、各チーム6枚のディスクを投げます。

個人戦 1人 6枚
団体戦 1チーム 2人の場合 1人 3枚
3人の場合 1人 2枚
4~5人の場合 1人 1枚または2枚(2枚持つ人は順送り)
6人の場合 1人 1枚

コートの作り方

  • 基本形は、間口5m、奥行き10mですが、会場の条件や参加者(小学生や高齢者など)によって距離を短くして行うことは可能です。
  • 会場は、フローリング又はリノリュームなど、ディスクの滑りやすい床面が望ましい。絨毯敷きや畳敷きの部屋でも出来ないことはありませんが、面白味は薄れてしまいます。
  • 体育館などで既設のラインが引いてある会場では、そのラインを利用しても良い。
  • ラインには通常ビニールテープを使用しますが、会場によっては使用できないことがありますので会場の管理者に良く確認して下さい。
  • 養生テープは剥がした跡が残りませんが、ガムテープ(特に紙製)は使用しないで下さい。
  • 30メートルの巻尺をコートラインに利用して、養生テープを所々に貼る方法もあります。
  • エンドラインの角に、三角コーンやペットボトルを置いて見やすくするのも一法です。
  • 会場によっては、ラインを設けず壁面利用で跳ね返りも許容するビリヤードもどきのコートにすることも可能です。

コートの基本形等、詳細は次の PDF をご確認ください。

コートの作り方(PDF)

進め方

  • 試合前のじゃんけん 試合前の整列
    最初にジャンケンでチームの色(赤か青)を決めます。 勝った方が赤チームです。 得点係は、得点表にチーム名を記入してください。
  • 赤チームは左側、青チームは右側の各サイドラインに投盤順に並びます。
  • 次に、赤チームの1人がポイント(黄)を 3 ~ 10m の範囲内に投げます。

    [注]ポイントが2回続けて指定の範囲を外れてしまった場合は、ポイントの投盤権は青チームに移り、且つ赤チームのディスクは1枚没収されます。

  • つづいてディスク1枚を赤面を上にして投げます。

    [注]この時、ディスクがひっくり返って青になった場合、つづけて赤チームがポイントに青ディスクより近づくまで投げます。(絶えずポイントに遠い色のチームが投げます。)

  • 次に青チームが投げます。
  • つづいて同様に、ポイントより遠いチームが近づくまで投げます。
  • どちらかのチームがディスクを全部(6枚)投げ終えたらもう一方のチームは、残りのディスクを投げても、投げなくてもよい。
  • これで1イニングの終了で、採点に移ります。 得点は、ポイントに一番近い相手のディスクより何枚近づいているか数えます。
  • 数えた数だけ、得点票に○を付けます。
  • つづけて次のイニングを始めますが、投盤者は順繰りに入れ替わります。負けたチームからポイントを投げ始めます。
  • 審判の得点判定
    早く7点獲得したチームが勝ちです。

    [注]競技時間等の都合で、時間・イニング限定制や終了得点数を減らすこともできます。

審判と選手の立ち位置

採点の方法

パターン1 赤チーム:2点勝ち
パターン2 青チーム:1点勝ち
パターン3 青チーム:2点勝ち

得点表の記入

  • イニングごとに得点数だけ〇を記入、〇の中にイニングの回数を書きます。
  • 反則点の記入は〇の代わりに△とし、△の中にイニングの回数を書きます。 (反則点は発生した時点で直ちに記入します。コート上の得点結果とまとめて記入しようとして、忘れてしまうのを防ぐためです。)
  • 競技中にポイントがコート外に出てしまい、赤青とも手持ち枚数が同じの場合は引き分け(ドロー)となりますが、その場合でも1イニングとしてカウントするので、そのイニング数を得点表の上部中間に「D―イニング数」(Dはドローの意)を記入します。
得点表

実際の得点表の記入例等、詳細は次の PDF をご確認ください。

得点表の記入(PDF)

反則・注意

  • 投げる時、投盤ラインやサイドラインの延長線を踏んだり越えた場合は、反則として相手チームに1点増点する。
  • 投げる時、ディスクが手から離れる前に、投盤エリア内でディスクを床面に着地させたり、手をついたりして滑り出させた場合、反則として相手チームに1点増点する。
  • 反則点が発生したら得点係は、直ちに○の替わりに△を記入、△の中にイニング数を書き込む。
  • 最初にポイントを投げる時、投げたポイントが2回とも、コート外に出た場合、ポイントを投げる権利が相手に移り、ディスク1枚が没収となる。
  • 投盤者は、30秒以内に投盤しなければ、1枚無効とする。
  • 一度投げたディスクは、投げ直し出来ない。
  • 距離を測定するとき、ディスクやポイントを動かさないよう注意する。(測定は主審・副審・得点係が行うこととし、競技者はディスクやポイントに触れない)
  • ディスクやポイントがラインに接して、外に出た場合、ラインの外側をセンターラインとして、ディスクやポイントの半分以上が内側に位置していればセーフと判定する。
  • 競技中コート外に飛び出したディスクは、そのイニング中審判が没収することになっていますが、没収したディスクの置き場所は全員から見えやすいところ(エンドラインから30CM位外側)に赤青別々に重ねないで(出た枚数が分かるように)並べておくと残り枚数が推測できるので便利です。

ディスクの投げ方

投法三種
珍しい結果

投げ方の基本

  • ディスクを投盤ラインの手前に触れないように、いったん空中に投げ出してコート内に着地させれば、立とうと膝を付こうとどんな投げ方でも構いません。要は自分に合った投げ方を確立することです。
  • 投げたディスクが左右上下に振れることなく、滑りを利用して直線的に狙った位置に置けるようにすることが理想です。
  • コート床面の材質をわきまえ、滑り具合をチェックすることが肝要です。

主な投げ方

  • 滑走輪投げ型
    利き手の親指と人差し指を主にしてディスクを挟み、輪投げスタイルで床を滑らせます。 初心者でもすぐできる投げ方で、ポイントが近い位置にある場合に有効な投げ方です。 低い位置から投げるとディスクがバタつかず狙った位置に止められます。 距離を合わせやすい反面、左右に振れやすいのが欠点です。
  • 遠投輪投げ型
    ディスクが手から離れたあと、空中で距離を稼ぐ投げ方で、ポイントが遠くにあるときに有効な投げ方です。 床面の影響を受けることが少ない利点がある反面、フラットに着地させないとディスクがふらついたりひっくり返ったりする欠点があります。 ふらつきやひっくり返ることを防ぐためには、ディスクに回転を与えると効果的です。
  • ボウリング型
    ディスクを利き手の指5本で鷲掴みにして、親指を投げる方向に向けボウリングと同じ要領で、腕を後ろに振り上げて体に沿って振り出す投げ方です。 狙いの位置まで距離を合わせるのに訓練を擁しますが、左右上下の振れを少なく、直線的に力強く投げることにより、狙ったディスクやポイントをはじき飛ばすのに効果的です。 投げ出す位置は床面に近い方がディスクの滑りがスムーズになりますが、投盤ラインの手前に触れると違反投球になるので注意が必要です。

競技戦術

ディスコンに関する資料

上記にご案内するディスコンの詳細はこちらの PDF に全て含まれています。

ディスコンに関する資料(PDF)

その他

  • コートの設定は、投盤ライン(間口)5m、奥行 10m の長方形を標準とする。 会場の広さ、参加する人(高齢者・子供など)によって、投盤距離を設定することが出来る。
  • 両チームの納得のもと進行する。審判のジャッジ(判定)に従う。
  • 競技マナーとして、投盤者だけが投盤エリアに入り、他はサイドライン側に投盤順に並ぶ。
  • ディスコンのリーフレットはこちらからダウンロードできます。

ディスコンのご案内 (PDF)